我執にとらわれない

人間は、自然に反した生き方や生活をしていると、かならず悩みが出てくるものです。

「夜ほとんど眠れない」
「人とうまくつきあえない」
「いつもイライラする」
「毎日さびしい思いに襲われる」
「将来のことを考えると、不安でたまらない」

……あなたは、そんな悩みをいだいていませんか。それは、心が自分本位の欲望にとらわれていることが原因です。

そのように悩みに直面している人というのは、ひとことでいえば、物欲や愛欲、名誉欲などに振り回され、財産や地位や成功などに執着しているものです。

このようなとらわれに心を縛られているままでは、体の気のめぐりも悪くなって、不調が出ます。すると、ますます気持ちがふさぐという、悪循環におちいってしまうのです。

そのとらわれこそが、「我執」です。

「我執」については、おいおい説明していきますが、タオの教えでは、我執とは、自分中心の狭い考え方にとらわれていることを言います。

我執にとらわれない、明るく楽しく、無為自然な生き方である「道」、すなわちタオの考え方こそが、すべての人にとって、とても大切なことなのです。

タオの教え、タオの思想のことを、タオイズム(TAOISM/老荘思想、老荘の道)といいます。あなたが、その生き方について理解し、それを根本において人生を送るようになっていくと、毎日の生活で心に積み重なっている疲れや、知らず知らずのうちに抑えつけている感情などが、やさしく解きほぐされていきます。

→ 『老子』は『聖書』とならぶ不滅の古典
HOME

大好評!発売早々重版!!
★ご購入はこちら★


運営元 日本道観
お問い合せは、
TEL:0120-64-6140
ろうし むいしぜん
(老子 無為自然) [10:00-18:00]
お問い合わせフォーム
TOPへ
Copyrights (C) NIHONDOKAN All rights reserved.